読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポーツバイオメカニクス MatlabとOpenSIM

スポーツバイオメカニクスの分析によく用いられるMatlabとOpenSIMの使用に関する備忘録

バイオメカニクスの教科書

今日は、スポーツバイオメカニクスを勉強するにあたって、おすすめの教科書を紹介します。

まずはこちら。

阿江通良・藤井範久 著
「スポーツバイオメカニクス20講」


大学でバイオメカニクスを学んだ人で知らない人はおそらくいないと思います。
幅広い内容が簡潔に、たっとこれだけのサイズにまとめられている素晴らしい教科書です。
ただし、初心者がこの本で本格的に勉強するには、詳細な説明が少なすぎてやや難しいかもしれません。


次に紹介するのは、
ウインター 著
バイオメカニクス 人体運動の力学と制御」

こちらも非常に有名な教科書です。
もともとは英語で書かれた本ですが、日本語に訳されました。
初版はかなり古い本ですが、こちらは原著第4版ということで、モーションキャプチャなど、最近の新しい情報も大幅に書き加えられています。
また、信号処理についても解説があり、これからバイオメカニクスを勉強する方にとって非常に良い本だと思います。


3冊目は
ゴードン 著
「身体運動のバイオメカニクス研究法」

こちらは、最初に紹介した阿江通良先生が訳した本です。
この本もバイオメカニクスの教科書として、日本ではスタンダードな1冊です。
ウインターの本よりも価格が安いので、学生にも購入し易いのは魅力的です。

他にもおすすめの教科書はいくつかありますが、今日はこの3冊の紹介に留めておきたいと思います。