読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポーツバイオメカニクス MatlabとOpenSIM

スポーツバイオメカニクスの分析によく用いられるMatlabとOpenSIMの使用に関する備忘録

モデルのダウンロード

今回はモデルの作成方法について解説していきたいと思います。

まずは、サンプルモデルをダウンロードしましょう。

SimTK: OpenSim: Downloads


f:id:simulate:20150523190027p:plain

Models.zipをダウンロードすると、基本的なモデルがほとんどそろっています。

まずは、歩行分析などに用いられるモデルを開いてみましょう。

f:id:simulate:20150523190555p:plain

Fileから「Open Model」を選択します。
そして、先ほどダウンロードした、Models.zipの中の「Gait2354_Simbody」フォルダを開き、「gait2354_simbody.osim」を開きます。

f:id:simulate:20150523190857p:plain

そうすると、このような腕のないヒトのモデルが開きます。

f:id:simulate:20150523190952p:plain


ここにモーションキャプチャで測定したデータを読み込むためのマーカーセットを作成する必要があります。
そのためにデフォルトのマーカーセットをまずは確認しましょう。

f:id:simulate:20150523191146p:plain

f:id:simulate:20150523191227p:plain


同じフォルダ内に「gait2354_Scale_MarkerSet.xlm」というファイルがありますので、これを開きます。
そうすると、このようにマーカーが表示されると思います。

f:id:simulate:20150523191354p:plain

ここから、このマーカーを自分の実験データに合わせて動かしていくわけですが、それは次回にしたいと思います。